物理の研究の備忘録

高エネルギー物理学とかいうマニアックな研究分野の博士課程にいるわたしの備忘録。主にPCの設定とかプログラミングとか雑多な感じで

Mac High Sierraにrootを入れる

ここでいうrootcernの開発してる解析ライブラリをさします。

最近SierraからHigh SierraOSをアップグレードしたら今まで動いていたrootが(案の定)動かなくなってしまった。

多分pathとかの設定がいろいろ変わっちゃってるんだと思うんだけど、error message見てもよくわからなかったので、最初からインストールし直すことにした。

rootを入れる方法は大きく分けて3つあって

①自分でsouce持ってくる

②バイナリ形式

③git

3つ。

今回はgitで。

 

インストールする前に以下のlink見ながらOSごとに必要なものを先にインストールしておく。

自分の場合はmax OS X

https://root.cern.ch/build-prerequisites

 

1.xcodeとか

https://root.cern.ch/build-prerequisites

xcode -select —install

でなぜかフリーズしてしまったので以下のlinkから手動で探す。

command line toolsで検索して自分のmacに入れる。

https://developer.apple.com/download/more/

2.Xquartz

次に以下のlinkからxquartzを入れる。こっちはすんなりいった。

https://www.xquartz.org/

 

3.その他

$brew install gcc

$brew install cmake

でいろいろ入れる。

ここで入れ忘れたのがあると後でmakeしたときにこける。

自分はcmakeは入れずに進んじゃって後から怒られた。

 

次にcern公式ページからrootをダウンロードする。

最新版よりいくつか古い奴を適当に選んで入れる。

https://root.cern.ch/content/release-61204

 

ターミナルで

 

$git clone http://github.com/root-project/root.git

 

と打つ。

$cd root

で移動した後

 

$git checkout -b v6-12-04 v6-12-04

$./configure

$make

と順番に打つ。ちょっと時間がかかるので気長に待つ。

これでインストールは完了。最後にpathを通す。

~/.bashrc

 

export ROOTSYS=/Users/usrname/root

source $ROOTSYS/bin/thisroot.sh

 

と加える。usrnameのとこは自分のuser name

今回はhome directory 以下のrootに入れたのでそこにpathを通している。

ターミナルを開いたときに毎回thisroot.shsourceするようにする。

これでターミナルを開きなおしてrootって打ったときにrootが起動すれば成功。

ロゴが毎回でるのはうざいので

alias root='root -l'

とかも加えとくと良い。